風工学研究室の主力風洞であり,2014年に完成した.基本機能として,通常の境界層風洞試験,橋梁応答試験が実施できるほか,移動竜巻状流れの生成装置や突風発生装置も備えた多機能風洞である.

 

形 式 室内還流式押込み型風洞
測定胴 11(L) x 2.0(W) x 2.0(H) (地形模型実験時)
    5(L) x 1.0(W) x 2.0(H) (橋梁模型実験時)
最大風速 20m/s (地形模型実験時)
     40m/s (橋梁模型実験時)
付属設備 三次元トラバース装置
     二次元橋梁模型用2自由度ばね支持装置
     二次元模型用三分力測定装置
  移動竜巻状流れ発生装置
  突風発生装置