風力 名称 地上10mの風速(m/s) 陸上の状況 海上の状況
0 平穏 0.0-0.2 静穏,煙がまっすぐ昇る 油を流したような海面
1 至軽風 0.3-1.5 風向は煙がなびくのでわかるが,風見には感じない 魚のうろこに似たさざなみが生じる
2 軽風 1.6-3.3 顔に風を感じ,木の葉が動く 一面にさざなみが現れる.しかし,波頭は砕けていない
3 軟風 3.4-5.4 木の葉や細い小枝が絶えず動き,旗がひらめく かなり小さい波,波頭が裂けはじめる.ところどころに白波が見える
4 和風 5.5-7.9 砂ほこりが立ち,紙片が舞いあがる.小枝が動く. 波はまだ高くないが,海面のなかばが白波になる
5 疾風 8.0-10.7 葉のある灌木が揺れはじめ,池や沼の水面に波頭が立つ ほとんどの海面に白波が現れ,ときにはしぶきができる
6 雄風 10.8-13.8 大枝が動き,電線が鳴る.傘がさしにくくなる 大波が現れはじめ,泡立った波頭が各所にでき,通常しぶきをともなう
7 強風 13.9-17.1 樹木全体が動く.風に向かっては歩行困難 海は荒れ,波頭が砕けてできた白い泡は風の方向に流れて点々と長く続きはじめる
8 疾強風 17.2-20.7 小枝が折れ,風に向かっては歩行不能 大波はかなり高く,しぶきが渦巻きとなって波頭の上端から分離しはじめる
9 大強風 20.8-24.4 人家に軽微な損害が生じる 大波はさらに高くなって,泡が風の方に尾を引く.海はうなりだし,しぶきのため視程が悪くなることもある
10 全強風 24.5-28.4 樹木は根こそぎになって,人家の損害が多い. 大波は非常に高くなって,泡が重なって尾を引くので海面全体として白くみえる.海のうなりは強く視程は悪くなる
11 暴風 28.5-32.6 まれにしか起こらない大きい風.広い範囲の破壊をともなう 山のような大波となって、中小船舶は一瞬間みえなくなることもある.各所で波動はしぶきとなって吹きとばされ,視程は悪い
12 台風 32.7-36.9 被害はいよいよ甚大 海上は泡としぶきに閉ざされ海面は完全に白くなる.視程は著しく悪い
13   37.0-41.4    
14   41.5-46.1    
15   46.2-50.9    
16   51.0-56.0    
17   56.1-61.2    

ビューフォートの風力階級は1946年の国際会議で従来の内容が修正され,12階級から17階級まで拡張された.日本の気象庁も現在ではこの風力階級を採用している.