Fujitaスケール 

故藤田哲也博士(シカゴ大学名誉教授)が提案した竜巻の被害の程度を表す指標である。
藤田スケールと、地物のダメージ、最大風速の関係は次の通りである。

藤田スケール 地物のダメージ 風速範囲
F0 軽微な被害。煙突や小枝が折れ、根の短い木が押し倒される。看板等に被害が出る。 32m/s未満
F1 普通の被害。移動式の家が基礎から押し倒されたり、ひっくり返る。移動中の自動車が道路から押し出される。組み立て式の車庫等が破壊されることもある。 32-50m/s
F2 重要な被害。屋根が家の骨組みから引きはがされる。移動式の家が破壊される。ボックス車がひっくり返る。大きな木が折れたり、根こそぎ抜ける。軽い物体がミサイルのように飛散する。 50-69.4m/s
F3 厳しい被害。しっかりした建物の屋根や一部の壁が引きはがされる。鉄道車両がひっくり返る。森のほとんどの木が根こそぎ抜ける。重い車両が持ち上げられて飛ばされる。 69.4-91.7m/s
F4 さらに厳しい被害。しっかりとした建物がなぎ倒される。基礎の弱い構造物はかなり飛ばされる。乗用車も吹き飛ばされ、大きな物体がミサイルのように飛散する。 91.7-115.3m/s
F5 驚 異的な被害。強い骨組みを持った家屋が基礎から持ち上げられ、かなりの距離を吹き飛ばされてバラバラとなる。自動車ほどの大きさ物体がミサイルのように なって100m以上飛ばされる。木々が持ち上げられる。鉄筋コンクリート構造物が重大なダメージを受ける。驚異的な現象が発生する。 115.3-141.7m/s
F6 ありえない被害。このような風はまず起こらないが、F5を上回る被害が事例として存在する。オリジナルのFujitaスケールには存在しないカテゴリーである。 141.7-169.2m/s

FPPスケール 

F 風速(m/s) 被害のカテゴリー P 被害長さ(km) P 被害幅(m)
0 17.8~32.6 軽微な被害 0 ~1.6 0 ~16
1 32.7~50.3 並の被害 1 1.6~5.0 1 16~50
2 50.4~70.3 顕著な被害 2 5.1~16.0 2 51~160
3 70.4~92.5 激甚な被害 3 16.1~50.8 3 161~490
4 92.6~116.6 荒廃的な被害 4 50.9~160.0 4 500~1500
5 116.7~142.5   5 161.0~508.0 5 1600~5000
6 142.6~   6 509.0~ 6 5100~