強風時には悪者の風ですが、現在再利用可能なエネルギーの一つとして積極的に利用していこうという動きが盛んです。
 風工学研究室では、設置の容易な中小規模の風車に注目し、その安全性の向上や生産コストの低減を可能とする新しい風力発電装置の開発に取り組んでいま す。この風車の基本形状は直線翼垂直軸風車(ジャイロミル風車)と呼ばれるものですが、開発中の風車には空力的な自律回転制御機構が組み込まれており、如 何に強い風が吹いても必要以上の回転数には原理的にならない性質が備えられています。
 また、過去に自然風を利用した自然換気システムについて検討し、東京アクアラインの川崎人工島に設置された「風の塔」の建設にその成果が生かされました。